iPhone本体修理交換後のネットワーク利用制限を「〇」にするまでの手順

f:id:ami-no-me:20191213132849j:plain

修理交換を行ったことでネットワーク利用制限が「ー」になってしまった中古iPhoneをフリマサイトで購入しました。

SIMロック未解除だったこともあり、SIMフリー化しようとキャリアショップに相談したところ、キャリアにIMEI番号(端末製造番号)が登録されていない状態で窓口では対応できず困った経験から、ネットワーク利用制限「-」から「〇」にするまでの手順を紹介します。

 

ネットワーク利用制限とは?

ネットワーク利用制限とは、キャリア等で分割払いで購入した際に代金が支払われなかった場合など、一定の条件によってキャリアから通信に制限がかけられ一切の通信ができなくなる状態のことを言います。

端末のネットワーク利用制限の状態は、IMEI番号を各キャリアで用意された専用ページ、または下記ページで入力することにより調べる事ができます。

ネットワーク利用制限チェッカー

 

ネットワーク利用制限判定結果の区別

まず本記事の主題を話す前に、ネットワーク利用制限の判定結果にどんなものがあるのか説明します。

 

端末の残債もなく問題なく通信ができる状態です。通称「白ロム」と呼ばれる端末です。

なお、メルカリやラクマヤフオクなどに出品できるのはネットワーク制限「〇」の端末と各サイトの規約で定められていますので、これらに出品する際は必ずネットワーク利用制限を確認しておきましょう。

 

端末の残債が残っている状態です。その時点では問題なく使用できますが、支払いが滞ったりすると「×」になる可能性もありますので、購入する中古端末のネットワーク利用制限が「△」であった場合は、販売されている方が端末代金を支払い続けることに対しての保証があるか確認しておきましょう。

なお、ラクマ以外のフリマサイトでは、このネットワーク利用制限「△」の端末の出品が規約で禁止されています。メルカリの場合、対象の端末を出品すると事務局側で商品が自動的に削除されます。

 

×

通称「赤ロム」と呼ばれる端末で、端末の残債が支払われずキャリアより通信制限がかけられている状態です。こちらの状態の端末はWi-Fi通信はできますが、SIMカードでの通信が一切使用できませんので、通信機能が大きく制限されていると言ってもいいでしょう。

 

今回の主題に関わるのがこちらの状態です。状態としては「〇」と同様、端末の残債もなく問題なく通信できる状態で、AppleStoreで一括購入したSIMフリー端末や、購入後に修理交換を行った端末で見られる状態です。

ネットワーク利用制限「ー」の端末はキャリアが管理する端末から除外されてしまうので、例えば今回ご紹介するSIMロック未解除端末をキャリアショップでSIMフリー化する際にキャリア側で端末が照会できず、SIMフリー化できないという状況になるようです。

 

以降、iPhone本体交換後のネットワーク利用制限を「-」から「〇」にするまでの流れを実際の対応内容と共に紹介していきます。

 

Appleテクニカルサポートに連絡

ネットワーク利用制限「-」についてはキャリアショップ窓口では対応できないとのことで、窓口の担当者にAppleテクニカルサポートに連絡するよう案内されました。

日本国内からかける場合は「0120-27753-5」になります。

窓口の担当者に今回の状況とIMEI番号を伝えると、長く待たされた後、なんとAppleだけでも対応できないとの回答....。

これは手詰まりかと思った矢先に窓口の担当者がAppleスペシャリストにリレーションしてくれることに!

とにかく藁をも掴む思いでスペシャリストの方と話したところ、キャリアのiPhoneサポート担当者に直接状況を伝えていただき、その場でキャリアのiPhoneサポート担当者に電話をつないでくれるとのこと。

さらに「問題解決まで責任持って私が対応します」とのお言葉もいただき、メールで直通の内線番号までいただきました!

神対応!!

 

そのときいただいたメールがこちら(担当者のお名前・内線番号は伏せています)

本日は、AppleCareをご利用頂き、誠に有り難うございます。
担当のスペシャリスト:●●です。

今回の問題を解決までサポートさせて頂きたいと考えているので、
引き続きご連絡いただく場合、
下記の方法で私の内線番号までご連絡を頂く様お願い致します。

———————————
【内線への連絡方法】
1, 0120-▲▲▲▲-5に電話します。
2, 「Apple サポートラインにお電話頂き…」のガイダンスが流れます。
3, 言語選択のガイダンスが流れるので、日本語サポートの1番をプッシュします。
4, 「業務改善の為録音している場合があります」「お話しになりたいアドバイザーの番号を入れて下さい」と続けて流れますので、「▲▲▲▲」を押してから「▲▲▲▲」をプッシュして、最後に「#」を押して下さい。
5, スペシャリスト:●●の内線に繋がります。
6, 既に電話対応に出ていて繋がらない場合、そのまま留守番電話に繋がる為、ご自身のお名前、ご連絡先、受付番号を残して頂ければ、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。
———————————

以上の手順に沿って、ご都合のご連絡を頂ければ、サポートのご連絡をさせて頂きます。
いち早く快適に製品をご利用頂ける様に、我々全力でお力添えさせて頂きます。
今後ともご支援、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

この後、キャリアのiPhoneサポート担当者と話し、IMEI番号の再紐付けを行うためIMEI番号と端末の種類・ストレージ容量・カラーを伝え、対応が一時完了しました。

IMEI番号の再紐付けの反映には最長で一週間程かかり、完了次第電話で連絡をいただけるとのことでした。

 

ネットワーク利用制限判定が「△」に変わった

AppleテクニカルサポートとキャリアのiPhoneサポート担当者とのやり取りの翌日、キャリアのサポート窓口よりIMEI番号が再紐付けされた旨の連絡がありました。

状況を確認すると....

ネットワーク利用制限:△

 

中古で購入した端末ということもあり、IMEI番号の再紐付けをしたところ残債があることが分かって「△」になったのか?状況が分からずキャリアのサポート窓口担当に確認すると...

担当者:「どうしてネットワーク利用制限が「△」になったのかの詳細が分からない旨が分かりました」

 

分かったのか分からなかったのか混乱するような言い回しでしたが、結局これ以上確認できないので終話。

IMEI番号の再紐付けを行った端末は永劫「△」のままなのか、一時的に「△」でそのうち「〇」に変わるのか、どちらかの仮説しかないため後者であることを信じて利用し続けることを決意しました。

 

ネットワーク利用制限判定が「〇」に変わった

IMEI番号の再紐付けの連絡があったのが14:00頃。その後、何度かネットワーク利用制限を確認しましたが「△」のまま....。

翌朝起きた7:00頃、ダメ元で再度確認したところ...

ネットワーク利用制限:〇

 

ネットワーク利用制限が「〇」に変わってました!

前項後者の仮説は正しく、一時的に「△」になっていたようです。無事、白ロム端末として認識され通信制限の不安もなくなりました。

 

まとめ

今回はSIMロック未解除で修理交換を行ったiPhoneのネットワーク利用制限を「〇」にするまでの手順を実体験と共に紹介しました。

比較的特殊なケースではありますが、だからこそ同じ状況に陥ってこの記事にたどり着く方もいらっしゃるかと思います。少しでも本記事を読んでいただき不安が解消されれば幸いです。

余談ですが、今後メルカリやラクマヤフオクでの再販を行う予定があるのであればネットワーク利用制限は「〇」であることに越したことはないので、ぜひ対応しておきたいところですね。