【メルカリ/ラクマ】中古iPhoneを購入する際の注意点とチェックポイント

f:id:ami-no-me:20191223190130j:plain

メルカリやラクマ、PayPayフリマなどのフリマ・オークションサイトなど中古iPhoneを比較的安く購入できる場所が多くあります。
しかしながら、これらは個人間売買になりますので(丁寧に商品説明を記載してくれる方がほとんどなのですが)ネットショップや中古スマホ売店で購入するのとは異なり、情報となる写真や記載の商品情報が少なかったり、そもそも販売する出品者の知識が疎く誤った情報を記載している場合もあり、結果、意図せず正常に動作しないジャンク品を誤って購入してしまったりすることも少なくありません。
そこで今回は中古iPhoneをフリマアプリで探すにあたって確認すべきポイントをご紹介します。

 

確認すべき3つのポイント

まず中古のiPhoneを探すうえでポイントとなるのは以下3つです。

  • 購入後に正常に利用できるか?
  • 傷はどの程度か?
  • バッテリーの持ちはどの程度か?

正常に使えることは当然として、購入後の修理代や今後機種変更して再度フリマ・オークションに出品することもありますので、できる限り傷が少なく、且つバッテリー容量が残っているものを選びたいものです。
これら3点を具体的にどうやって調べていくのかを解説します。

 

正常利用できるかの確認ポイント

購入後に正常に利用できるかの確認として、まずは「IMEI番号」を確認しましょう。
IMEI番号とは端末本体の製造番号です。IMEI番号が分かればその端末の利用歴や設定状況が確認できます。
出品者が記載してくれていることも多いですが、記載がない場合は以下の方法で確認をお願いしましょう。

①設定 > 一般 > 情報 から確認する

f:id:ami-no-me:20191224085035p:plain

②SIMトレイから確認する

f:id:ami-no-me:20191224113925j:plainSIMトレイの裏にIMEI番号の記載があります。

IMEI番号が確認できたら以下サイトのフォームに対象商品のIMEI番号を入力しCheckボタンを押してみてください。

iUnlocker

IMEI番号を入力すると以下のような情報が表示されます。

f:id:ami-no-me:20191223192529p:plain
ここで注目すべきは以下の項目です。

Apple Care
AppleCare保証期間内かを示す項目です。AppleCare保証期間内であれば「Active」と表示されます。

Estimated Purchase Date
端末の推定購入日を示した項目です。
日付が表示されますのでどれぐらいの期間利用されたものなのかが分かります。バッテリー容量が記載されていない場合に、だいたいどれぐらい利用された端末なのかを推測する情報として利用できます。ただし、AppleCare保証期間内の端末の場合はAppleCareの保証が切れる日付が表示されるのでご注意ください。

Find My iPhone
iPhoneを探す」の設定を示した項目です。「iPhoneを探す」がオフになっている場合は「OFF」と表示されます。
この項目が「ON」と表示されている端末はアクティベーションロックが解除されていません。アクティベーションロックが解除されていない状態のiPhoneiCloudからログアウトされていないため、利用の際に前利用者のAppleIDとそのパスワードの入力を求められます。
検品する際に出品者に確認することはできますが、AppleIDは決済や個人情報とも紐づいているのでなかなか障壁が高いのと、そもそも出品者が他から譲り受けたアクティベーションロック品を出品している場合はお手上げです。出品者のなかには、このアクティベーションロックが何なのかを理解していない方も一部いますのでコメントや質問への回答で「ロック解除済」と書いてあっても注意が必要です。必ず確認しておきましょう。


前述のアクティベーションロックとあわせて、購入後に正常に利用できないよくある例として以下のようなものがあります。

  • 液晶割れでタッチがきかない
  • インまたはアウトカメラが割れている
  • ホームボタンがきかない
  • 指紋認証が認識しない
  • マイク不良で通話できない

こういった外装や、正常に動作するのかは出品写真と出品者コメントで確認するしかありません。場合によっては出品者に写真の追加をお願いしましょう。料金が相場より安いものは競争率が高いですが「怪しいものは選ばない」のが非動作品をつかまないポイントです。
個人間での取引の場合、トラブルが起きた際の運営側のサポートに限界があります。非動作品を購入してしまっても誤記がない限り確認を怠った自己責任でもありますし、返品送料をどちらが持つのかなどは当人間での協議に委ねられるのでやり取りのエネルギーも多く使いますので良いことはありません...。相場より安い値段で出品されてるときなどは購入を急ぎがちですが、キチンと状態を確認することが大切です。

 

傷の確認ポイント

前項同様、外装の傷は写真で出品確認するしかありませんので、確認したい場所の写真がなければ出品者に追加をお願いしましょう。

外装の傷が気になる場合はAppleで修理ができますが料金は以下になります。

Appleの外装その他修理料金(税抜)

モデル その他の修理 - AppleCare+ サービス料 その他の修理 - 保証対象外
iPhone XS MaxiPhone 11 Pro Max 11,800 円 64,800 円
iPhone XSiPhone XiPhone 11 Pro 11,800 円 59,800 円
iPhone XRiPhone 11 11,800 円 43,800 円
iPhone 8 Plus 11,800 円 43,800 円
iPhone 8 11,800 円 37,800 円
iPhone 7 Plus 11,800 円 37,800 円
iPhone 7 11,800 円 34,800 円
iPhone 6s Plus 11,800 円 35,800 円
iPhone 6s 11,800 円 32,800 円
iPhone 6 Plus 11,800 円 35,800 円
iPhone 6 11,800 円 32,800 円
iPhone SEiPhone 5s、iPhone 5c 11,800 円 29,400 円


液晶の修理料金は以下です。

Appleの液晶修理料金(税抜)

モデル 画面の修理 - AppleCare+ にご加入の場合 画面の修理 - 保証対象外
iPhone XS MaxiPhone 11 Pro Max 3,400 円 35,800 円
iPhone XSiPhone XiPhone 11 Pro 3,400 円 30,400 円
iPhone XRiPhone 11 3,400 円 21,800 円
iPhone 8 Plus,
iPhone 7 Plus
3,400 円 18,400 円
iPhone 8,
iPhone 7
3,400 円 16,400 円
iPhone 6s Plus 3,400 円 18,400 円
iPhone 6s 3,400 円 16,400 円
iPhone 6 Plus 3,400 円 16,400 円
iPhone 6 3,400 円 13,800 円
iPhone SE, iPhone 5s,
iPhone 5c
3,400 円 13,800 円

 

液晶パネルにおいてはタッチやApplePayの接触精度にも影響するパーツなので可能な限りApple純正品を利用したいですが、Apple純正品はAppleでの修理か、他の端末からの部品取りでない限り手に入りません。
街の修理店の場合、Apple純正外の液晶パネルの場合、純正品の液晶と配線を再利用してガラスだけを貼り直した「純正再生品」、液晶、配線及びガラスともに純正品ではないコピー品を利用した「互換品」での交換になります。
品によって違いがありますが、純正再生品と互換品には2,000〜6,000円ほどの料金差があります。安い互換品はタッチの反応が悪かったり、液晶に色ムラや全体的に青みがかった色合いになったりと"安いなり"の品質です。ApplePayを利用したときにフリーズするという症状もあるそうですから、料金は多少高くなったとしても可能な限り純正再生品を選びたいところです。
街の修理店では特に指定しない場合、互換品で交換するところも多いので修理店を利用する場合はどちらの液晶パネルに交換するのか確認してから修理を依頼しましょう。

修理店の値段を確認する

ご自身で交換される場合はAmazonで液晶パネルと修理キットが販売されています。
中国製の製品がほとんどで、純正再生品と記載があっても互換品だったり、初期不良があったりとのレビューも多いので届いた際には、返品保証期間中にキチンと検品しましょう。

【SmaQ】再生パネル DW7G-W-N iPhone7 4.7インチ専用 修理交換用液晶パネル デジタイザ ホワイト

【SmaQ】再生パネル DW7G-W-N iPhone7 4.7インチ専用 修理交換用液晶パネル デジタイザ ホワイト

  • 出版社/メーカー: 株式会社スマートクイックリー
  • メディア: エレクトロニクス
 

 交換方法はYoutubeでも多く取り上げられています。慣れてしまえば1時間ほどで交換できますが、不幸にも動作しなくなった場合の保証はないですし、すべて自己責任で行う必要がありますのでご注意ください。


【分解工房】iPhone7 フロントパネル(液晶画面・タッチパネル) 交換取付方法


上記のように液晶パネルの交換は高額ですし、純正品外で交換するにしてもタッチ精度が落ちたり、色合いが変わってしまったりとリスクも多くあります。特にゲームをするとなるとタッチ不良はかなりのストレスにもなりますので、中古iPhoneを購入する際には「液晶パネルに割れがないか」が重要なポイントだと言えるでしょう。

 

バッテリーの確認ポイント

バッテリーの寿命は「バッテリー最大容量」で確認できます。

設定 > バッテリー > バッテリーの状態 から確認する

f:id:ami-no-me:20191224085112p:plain


Appleが公式で発表しているiPhoneのバッテリーの寿命は3年とされていますが、バッテリー消費の高いアプリを利用していたりと利用用途や環境によって劣化する度合いは異なります。
私がバッテリーの寿命を見る際の目安は以下になります。

90%以上 〇
80%~89% △
80%以下 ×要交換

利用方法や起動しているアプリにもよりますが、90%を切ってくると体感でバッテリー消費が気になりはじめるイメージです。ApplePayは電源が落ちていると利用できなくなりますので、バッテリー消費が気になりはじめたら交換をおすすめします。

バッテリー交換もAppleと街の修理店、ご自身での交換の選択肢があります。

Appleのバッテリー交換料金(税抜)

モデル

Apple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象 保証対象外
iPhone XiPhone XSiPhone XS Max
iPhone XRiPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、 iPhone 11
0 円 7,400 円
iPhone SE
iPhone 6iPhone 6 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 7iPhone 7 Plus
iPhone 8iPhone 8 Plus、
および、その他すべての対象モデル
0 円 5,400 円


バッテリーも液晶パネルと同様、純正品はAppleでの交換か、他の端末からの部品取りでない限り手に入りません。街の修理店やAmazonで販売されているバッテリーは「互換品」になります。
Amazonで互換品を購入してご自身で交換する場合、こちらも液晶パネルと同様ですが、初期不良があったりとのレビューも多いので届いた際には、返品保証期間中にキチンと検品しましょう。

 
【分解工房】iPhone7 バッテリー交換取付方法

 

まとめ

f:id:ami-no-me:20191213132849j:plain今回は中古iPhoneをフリマアプリで探すにあたって確認すべきポイントをご紹介しました。
出品者が掲載する写真やコメントで商品を判断するしかありませんので、出品者のコメントだけでなくIMEI番号で確認できる情報と合わせてそのiPhoneの正確な情報を把握したうえで購入検討をすることが必要です。
また、液晶パネルやバッテリーの交換の必要があるのであれば、本体料金に加えて交換にかかる費用、SIMフリー化して利用したいのであれば手続きにかかる手数料なども計算して購入するiPhoneを選びましょう。
上記のポイント以外にも「修理歴」や「水没歴」など将来故障の原因となり得る要素も念のため確認しておくこともおすすめします。

 

検索意図から考えるSEO対策|トランザクショナルクエリへの対策とは?

f:id:ami-no-me:20191214191145j:plain

Photo by Carlos Muza on Unsplash

当たり前の話ですが、SEO対策は運営サービスへの流入数の増加による収益拡大を目的に実施されます。
そのうえで対策するキーワードの検索ボリュームは重要な要素ではありますが、そこだけに目を奪われ、画面の向こう側にいるユーザーが「何を探しているのか」「何を得たいのか」という検索意図を見落としたまま施策が進んでしまうケースをよく目にします。
クエリ別の検索意図の理解と検索結果表示傾向を捉え、運営サービスに適切な方法でユーザーを誘導し収益拡大につなげましょう。

まず、ユーザーが検索するクエリの種類は3つに分けられます。

  • トランザクショナルクエリ(取引型クエリ)
  • インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)
  • ナビゲーショナルクエリ(案内型クエリ)

トランザクショナルクエリとは「商品を買いたい」「動画を視たい」「会員登録したい」といったような具体的な行動欲求を持って検索する際のクエリ、インフォメーショナルクエリとは「知りたい」のような疑問や悩みを解決する調査欲求を持って検索する際のクエリ、ナビゲーショナルクエリとは「特定のサイトやサービスにアクセスしたい」という定まった目的を持って検索する際のクエリです。

今回はトランザクショナルクエリSEO対策についてご紹介します。

 

 

トランザクショナルクエリと検索結果に表示されるコンテンツ

f:id:ami-no-me:20191214191338j:plain

Photo by Edho Pratama on Unsplash

トランザクショナルクエリには具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 冷蔵庫 通販
  • 京都 ホテル 予約
  • 引越し 見積もり
  • youtube アニメ

本検索クエリから検索結果に表示されるページには以下のようなコンテンツを持ったページが代表例として挙げられます。

  • 商品詳細
  • 商品ジャンルリスト
  • 商品比較・価格比較

それぞれのECサイトや予約サイト、一括見積サイトのなかでも比較的ユーザーが求める目的に近い=SEO対策を行うサービス提供者側から見たマネタイズポイントに近いコンテンツを含んだページが表示されることが多く、トランザクショナルクエリによる検索順位がサービスの明暗を分けることもあるでしょう。

 

検索結果1ページ目には大手がひしめく

トランザクショナルクエリにおいては、検索上位に大手企業サイトが表示されやすくなっています。

実際の例として「ホテル 予約」の検索結果を見てみましょう。

f:id:ami-no-me:20191214184559p:plain

テレビCMやネット広告で、よく見かける大手企業が運営するサービスで1ページ目が埋め尽くされているのが分かります。
ご自身で何か物を買うときのことを想像してみてください。良く知らないネットショップから直接買うより、多少高くてもAmazon楽天市場をはじめ大手ショッピングサイトを選ぶという人も多いでしょう。
Googleはそういった思考や行動を検索結果に反映させているように思います。言い換えれば「知名度」や「商品量」がトランザクショナルクエリでの上位表示に大きく左右されているということですね。

 

トランザクショナルクエリ対策をはじめる前に

f:id:ami-no-me:20191214191516j:plain

Photo by Nik MacMillan on Unsplash

ページ単位のコンテンツ内容よりサイト単位での評価が強いトランザクショナルクエリでの上位表示の難易度はご存じの通り非常に高く、逆に「知名度を獲得すること」や「商品量を増やすこと」が根本的に難しいサービス・企業において数ヶ月で上位表示を実現することは正直絶望的です。
前述の通りトランザクショナルクエリには検索数もさることながら購買意欲のあるユーザーも多いので、こぞってSEO対策を講じるサービス提供者が多いですが、その難易度の高さから、筆者も対策を続けども期待する効果が得られないという状況をたくさん見てきました。

では知名度や商品量が揃った大手企業でなければ勝てないのか?と言われるとそうではありません。「お金をかける」か「時間をかける」ことが前提になりますが上位表示できる方法はあります。

 

お金をかける上位表示施策

まず「知名度とは何か」について考えてみましょう。
「一度はそのサービスに触れたことがある」のがいわゆる知名度です。「触れた」の定義には「目で見た」「検索した」「訪問した」「利用した」「再度利用した」があります。「目で見た」が増えれば「検索した」が増え、結果その後の訪問や利用が増えていき知名度を作っていきます。つまりまずは「目で見た」と「検索した」という状況を多く作ることがトランザクショナルクエリのSEO対策と言えるのです。

広告投資する費用が億単位であるのであれば、テレビCMやネット広告に大きく張るのも一つの手です。
実際に「トリバゴ」の例ですが、ナタリー・エモンズさんを起用したテレビCMがバズり、「トリバゴ」と検索する回数が増えたことで急速に知名度が上がり、検索上位に躍り出たケースもあります。

トリバゴのテレビCM後の「トリバゴ」の検索数はこのように伸びていました。

f:id:ami-no-me:20191214190009p:plain

 

あわせて、これは過去運営に関わっていたサービスの話ですが、とにかく接触率を高めるためにネット広告に大きく投資を寄せたことで、立ち上げて1年未満のサービスであったにも拘わらず大手がひしめくトランザクショナルクエリで以下グラフのように検索上位に躍り出ました。

f:id:ami-no-me:20191214190220p:plain

テレビCMはニーズが顕在化してないユーザーにも露出できる有効な手段ではありますが、必ず実施しなければいけないということではありません。ネット広告を使った露出拡大だけでも十分な効果が得られます。

上記両方ともただ露出を上げるということですが、やみくもにインプレッションを高めることではありません。当たり前ですが、知名度が向上した後、その次にある「検索」と「利用」につなげることを意識してどう露出を増やすかということがポイントです。サービスロゴだけを押し出しすぎて何のサービスかわからなければ「検索」につながりませんし、ただバズっただけで中身のないコンテンツでは「利用」には繋がりません。ユーザーにとって有益なサービスであることを前提として、それぞれの接点を線としてつないでいくことが重要ですね。

知名度が上がればサービスの利用者も増え、SNSで話題になったりと自然と引用や言及が増えていき、さらに知名度を押し上げるといった好循環が生まれます。
ただし、検索順位が上がるまでにどれぐらいの知名度が必要なのか、どのぐらいの量の引用や言及が必要なのか、またどのぐらい投資を行えば実現できるのかと言われると、その市場や業界によっても異なりますし定量的な基準がないところが頭の痛いところです。施策の決裁を通すにあたっては根拠となる数値を出すことが難しく、他社事例とその検索数のトレンドを根拠としてオーナーや代表の鶴の一声で実行しない限り難しいのではないかと思います。

 

時間をかける上位表示施策

f:id:ami-no-me:20191214191633j:plain

Photo by Agê Barros on Unsplash

前述の通りお金をかけれないのであれば時間をかけるしかありません。ただし、時間をかける施策も「引用や言及を蓄積していく」という内容は変わりません。
テレビCMやネット広告についてはこちら側の意思で露出の強弱をコントロールできますが、サービスに気づいてくれた人がその人の意思で引用や言及をしてくれることを待つしかありませんので、結果として時間がかかるのです。

ただし、そのなかでも時間を短縮するためにできることはたくさんあります。

  • SNSでのコミュニケーションを増やす
  • プレスリリースを出す
  • キャンペーンを実施する
  • アフィリエイト広告をはじめる

「一度はそのサービスに触れたことがある」のがいわゆる知名度です。サービスの運営者としてユーザーに接触する手段を積極的に用いましょう。待っていてもユーザーはあなたのサービスを自然には見つけてくれません。
予算がまったくない、またはプレスリリースするネタがないという場合でも、TwitterFacebookをはじめとしたSNSアカウントであれば無料で開設できるはずです。まだはじめていないようなら今日からはじめてみてはいかがでしょう。

 

TwitterFacebookは外部リンクがnofollowなのでやっても効果がない

...と言う方も多いですがそうは思っていません。もちろん外部リンクの獲得はSEOにおいて重要なポイントですが、Googleはすべてのサイトをクローリングしてテキストを読んでいるわけですから「サービス名称の出現率」も情報の一部になっているのではないかと思います。検索のトリガーになり得る「話題になっている物事」はリンクの量とは比例しないですし、急上昇したトレンドキーワードは当たり前のように検索結果に取り入れられていますしね。
SEOのセオリーに囚われすぎず、自身が検索したときに表示されて欲しいものは何かということを念頭に置いて考えることが重要ですね。

 

まとめ

今回は「商品を買いたい」「動画を視たい」「会員登録したい」といったような具体的な行動欲求を持って検索する際のクエリ「トランザクショナルクエリ」についてと、その対策をご紹介しました。
トランザクショナルクエリは検索上位に大手サイトが表示されやすくなっていますが、大手サイトも最初から大手であったわけではありません。引用と言及を積上げた結果として今の知名度となり大手足る規模になっています。ショートカットには資金も体力も必要ですが、地道に積み上げていくのも一つの選択肢です。

ご自身の環境に合わせてトランザクショナルクエリに対するSEO対策を行っていきましょう。

 

検索順位が、見える。検索順位チェックツールGRC

【FeliCa位置】iPhoneのSuicaやApple Payが反応しない時には?

f:id:ami-no-me:20191213140006j:plain

Photo by Christiann Koepke on Unsplash

コンビニや改札ではストレスなく反応していたiPhoneApple Payが、自動販売機で使おうとすると反応したりしなかったりで支払いができないことが続いたので原因を調べてみた。

 

iPhoneFeliCaチップの位置はそんな上にあるのか....。

自動販売機で支払いができていないエラー音にハラハラすることも減りそう。

 

【CASH27】楽天キャッシュが受け取れないときの解決方法

f:id:ami-no-me:20191209161208p:plain

飲み会で一括精算した代金を楽天キャッシュで送金してもらったら数件の受け取りでエラーが出て受け取れなくなった。解消方法を見つけようにも情報が少なかった経験から同じ状況の人が多いのではなかろうかと思い、いろいろ試してみた解決までの記録。

 

 

エラー発生の状況

5人からそれぞれ3,000円~10,000円ほど。

最初の2人から3,000円を受け取り、5,000円以上のキャッシュを受け取ろうとしたタイミングでエラー画面が表示され、セキュリティチェックが発動した。

 

画面表示とエラーコード

エラー表示

エラー
現在セキュリティチェックが発動しているため、ご利用いただけません。

エラーコード

PCでのエラーコード:PCME008

楽天Payでのエラーコード:CASH27

 

楽天Payの窓口へメール問い合わせ

まずは窓口へ問い合わせ。有人チャットから質問をしたところ、問い合わせフォームか電話からの問い合わせしか受け付けていないとのこと。

 

楽天イカスタマーデスク

TEL:0570-00-348

受付時間:9:30〜18:00

 

電話をしてもまったく繋がらずなので、フォームから問い合わせてみたところ半日ほど経って以下回答が。

お問い合わせいただきました楽天キャッシュのエラー(CASH27)につきましては、まことに恐れ入りますが、弊社セキュリティ上の都合により、ご利用を制限させて頂いている場合のエラーとなります。
なお、制限の条件や内容、解除時期等の詳細は弊社方針によりお答えできない内容となります。

こちらからは打つ手なし...。

 

一度目のセキュリティチェック解除

エラーコード:PCME008とCASH27が表示されてから約8時間後....ようやくセキュリティチェックが解除されたのか受け取り金額が画面に表示された。

なお、通知は一切ないので、都度受け取りURLを確認しておく必要がある。

 

またもセキュリティチェック発動

5,000円以上の楽天キャッシュを受け取ろうとすると再度セキュリティチェック発動...。

楽天キャッシュ受け取りURLの有効期限は3日間...急く気持ちを抑えて翌日に持ち越し。

 

二度目のセキュリティチェック解除

前回のエラーコード:PCME008とCASH27の表示から約8時間ほど。二度目のセキュリティチェック解除。

適宜確認していた結果「セキュリティチェック発動から8時間」が解除の目安だということは分かった。

セキュリティチェック発動の仮説は「一度に受け取る金額上限」または「一日に受け取れる回数上限」どちらか。今回は再度3,000円以下の楽天キャッシュ受け取りURLで試す。

受け取れた!

どうやらこの二つの条件でセキュリティチェックが発動しているようだ。

 

セキュリティチェックの発動条件

セキュリティチェック発動条件には「一度に受け取る金額上限」と「一日に受け取れる回数上限」が影響しているようだ。

当方のケースでいえば5,000円以上の楽天キャッシュを受け取るとセキュリティチェックが発動されるので、4,000円以下で数回に分けてもらったところ受け取れたが、一日に2回の(時には一日1回の場合も...)受け取りしかできないので、エラーコード:PCME008とCASH27を何度も表示されながらも数日かけて根気よく受け取り手続きを行っていく必要があった。

 

なお、楽天Payのよくあるご質問のなかに楽天ペイアプリご利用制限解除申請フォームが存在しているのだが、こちらで申請して返ってきた内容は以下の通り。

いつもご利用いただきありがとうございます。
楽天ペイ カスタマーデスクでございます。

いただいたお問い合わせにつきまして、ご回答が遅くなり誠に申し訳ございません。

お問い合わせいただきました楽天キャッシュについて回答いたします。

楽天キャッシュにつきましては、1日のチャージ上限等制限を設けております。
利用時のルールにつきましては下記ページのご確認をお願いいたします。

楽天キャッシュについてのルール
https://cash.rakuten.co.jp/Guidance/GuidanceCashRule/

なお、以下のエラーが表示されている場合はセキュリティ上の都合により、ご利用を制限させていただいております。

 ▼対象のエラー内容
  ・セキュリティチェックが発動しております
  ・チャージ方法の設定に失敗しました
  ・CASH27

弊社セキュリティの観点から詳細はお答えできかねますが、楽天ペイアプリ お支払い元設定にてクレジットカードをご登録いただければ、チャージを行わなくとも、ご利用が可能でございます。

 【楽天ペイアプリでのお手続き方法】
 ホーム画面の左上ボタンより、「設定 -> お支払い元の選択」を選択し、「+新しいカードの追加」ボタンから追加・変更いただけます。

制限がかかっているという回答となり、お客様にご不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません。
しかしながら、お支払い元を楽天カードで設定いただければ、

楽天カードのご利用分として100円ごとに1ポイント付与。
楽天カードからキャッシュにチャージいただいた場合、200円ごとに1ポイント
となりますので、よりお得にご利用いただけます。
ぜひ、ご利用をご検討いただけますと幸いでございます。

申請したところでセキュリティチェックの解除が行われるわけではないし、質問に対して的を得た回答であるかも微妙。返答も遅いので、本回答があったときには既にセキュリティチェックが解除されている始末。

 

まとめ

サポート窓口に連絡してもセキュリティチェック発動の理由や解除時期には一切回答してくれないため、何も解決しないのがつらい...。

大人数での割り勘など、一度に複数人から楽天キャッシュの受け取りを行う場合には注意したい。